初心者さんためのサイト|葬儀のいろはを教えます

葬式

葬儀社の選び方

人が亡くなると葬儀をしなければなりません。そして、葬儀をするには個人では難しいので葬儀社に依頼するといいでしょう。葬儀社は日本にたくさんあるので、選び方に迷ってしまうかもしれません。ですので、葬儀社選びは慎重に行なうのがベストです。まず、プラン内容が豊富な葬儀社ならお財布に優しい葬儀を行なうことができますよ。他にも、提案力があるスタッフがいるところなら、初めての依頼でも安心することができるでしょう。複数の葬儀社から見積もりを取ったり、サービス内容を比べてみたりすることで故人やあなたに合ったところを見つけられるでしょう。

数珠

必要な費用

葬儀をするためには高額な費用を用意しなければなりません。例えば、葬儀一式の費用が必要です。プラン内容などによって費用が異なってくるので、お財布と相談しながら決めるといいでしょう。他にも、通夜や葬儀に参列する方のために提供する料理の費用が発生します。相場は30万円前後となっています。1人あたりに換算すると4,000円前後がベストだと言えるでしょう。それだけでなく、お経を唱えてもらうためには、お坊さんを呼ばなければなりません。その謝礼としてかかる費用はだいたい47万円前後が妥当だとされています。

葬儀の種類について

葬儀

一般葬

日本で最もポピュラーな方法が一般葬となっています。これは、故人の親族だけでなく会社の上司や同僚、生前親しくしていた友人などを招待する葬儀となっています。

家族葬

故人があまり派手なものが嫌いな場合や、大勢の人を呼ぶ場所がない場合は家族葬が最適です。この方法であれば、親近者だけで葬儀を行なえますよ。

1日葬

基本的に葬儀に必要な日数は2日間となっています。しかし、現代人は働き者なので、自分の時間が取れにくいというのなら1日葬にするといいでしょう。

社葬

故人が生前務めていた会社で優秀な成績を納めていた時などに行なわれるのが社葬となっています。企業の宣伝にもなるので、取り入れているところが増えていますよ。

音楽葬

少し人と変わったことが好きだった方には音楽葬をするといいかもしれませんよ。これは、故人が好きだった音楽を流すことが可能です。会場によってはバンドを呼んで生演奏ができることもあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。このように、色々な種類の葬儀があるので、故人に合ったプランを選ぶといいでしょう。